平成25年度母校体育大会を観戦

天下の熊工体育大会に行ってきました。
母校熊工体育大会が9月29日(日)秋空のなか行われ、東京熊工会有志で観戦してまいりました。
今年は、全国の各地区熊工会から観戦に来校しました。各地区熊工会の参加者内訳は、東京(18名)、東海(2名)、関西(5名)、福岡(21名)でした。
熊本会の観戦者は、機械35年卒(16名)機械33年卒(7名)それに熊工会本部役員(15名)となり、総勢84名が集まり、声援を送りました。

8:30分より在校生1200名の入場行進、開会宣言、国旗掲揚と進み、各学科に別
れ、24種目の青春一杯の競技、演技が始まりました。
生徒と父兄を含む観戦者を合わせると4500名以上が歓声をあげる中での大会となり、日本一の体育大会です。  
昼食は熊工会館に卒業生(観戦者)全員が集合し、主海熊工会会長の挨拶のあと、おにぎり、にしめ等が提供され、美味しくいただき全国の会員同士楽しい時間を過ごしました。  
今回参加できなかった皆さん、是非一度母校の体育大会の観戦をおすすめします。
青春の細胞が活性化し血がさわぎます。涙をこらえての観戦になること請け合いです。
                             (文 松本秋敏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です