第37回(2018年度)全国高校選抜男子ソフトボール大会 応援


全国都道府県代表47校が、あきる野市に集まり、あきる野市の4会場にて3月17日~20日まで「第37回全国高校選抜男子ソフトボール大会」が開催されました。東京熊工会は11名が応援に駆け付け観戦しました。
母校の熊工は県代表として17日(山田グラン)第2試合に岐阜代表岐阜聖徳学園高校と対戦しました。1、2、回は初戦緊張ぎみでしたが体がほぐれてきた中盤以降は先制点をとり連続ヒット、連続得点で7対0でのコールド勝ちで初戦を突破。2回戦も調子にのり、鳥取中央育英高校を8対0でコールド勝ちしました。しかしながら3回戦は、強豪の静岡代表飛龍高等学校に4対0で敗退でした。
以下の写真は、初戦山田グランドでの勝利のあとの選手達、東京熊工会及び川田監督さんとの記念集合写真です。スコアボードの写真もあわせて掲載しています。

東京熊工会会長 松本秋敏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です